~これでよい講座の選び方がわかる~

市販されている教材について

ここまで、行政書士講座についてお話してきたので、教材は実際に手にとって確認できないという前提でした。
しかし、独学の場合、市販されている教材を購入することになり、自分の目で見て善し悪しを判断することが出来ます。
だったら、行政書士講座よりも独学で勉強した方が良いのではないかと思う方もいるかも知れません。
そこで、ここでは行政書士を独学で勉強する場合の教材選びについて説明してみます。

冒頭でも説明したように独学の場合、教材を手にとって確認できるメリットがあります。
行政書士講座の教材同様、内容の善し悪しは判断できなくても、わかりやすいか、読みやすいかということはわかると思います。

しかし、市販されている教材の特徴は、わかりやすさだけで、それが合格できるということには直結してきません。
なぜなら市販教材は、簡単な基礎的なことをわかりやすく書いて、最終的に予備校に通学してもらうことを目的としているからです。

ところで、皆さんは市販されているテキストや問題集は誰が書いているかご存知でしょうか?
一般的に良いといわれている教材のほとんどが学校に所属している講師か、学校の名の下に書いています。
では、その目的は何でしょうか?
「教材を買ってくれた人を合格させるため」それとも「印税収入をもらうため」どちらも違います。答えは、すでに説明したように予備校に通学してもらうことなのです。

これはみなさんも考えればわかると思います。
予備校は通学してもらってなんぼの世界なのに、わざわざ合格させるためのテキストを書くことはありえません。
だって、予備校に通学してもらえれば何十万円というお金をもらえるのにたかだか数千円の本で合格してしまえば、学校の意味がなくなります。
その上、今は出版不況で本が売れない時代に、印税はほとんど見込めません。
そのような状況下の中でわざわざ時間をかけて教材を作るでしょうか?

学校といえども、受講しもらうことを考えている営利団体です
無償でもよいので、試験に合格してほしいと考えている学校はありません。
そうしたことも十分理解して、教材選びを行って下さい。

それでも市販教材を使い独学で行政書士の勉強をしたい方は、下記のポイントを注意しながら選ぶと良いでしょう!
テキストは、図や表を使っている
テキストは、一冊にまとまった適度な厚さのものか
テキストと問題集はセットのもの

最低でも上記の3つは網羅しているべきです。
図や表に関しては、別ページで解説しましたので、ここでは割愛いたします。
重要なのはコンテンツの量です。たまに科目別にもかかわらず1000ページ近いテキストを見かけますが、それは覚え切れません。
一冊にまとまっているもので、適度な分量のものを選んで下さい。
まずは、そうしたテキストで基礎をがっちり固めるのです。
そして、テキストと問題集がセットになっていれば勉強をしやすくなり、理解度も深まります。